栗☆秋の薬膳食材


季節の食材

 

「栗」がお店に並び始め、
スィーツも栗を使った季節限定品が
出てきました。

kuri08

栗は、
マクロにおいては「中庸」

東洋医学では、
五味五性は「甘・温」

● 「甘」」は脾臓を養う
● 気(エネルギー)を増やす
● 血流の流れをスムーズにする
● 「気虚」「血虚」「瘀血」に効果が有る
● 腎の衰えによる腰痛に効果がある

抗酸化作用が強いので、
○ 老化防止にも良い

薬膳料理

☆栄養を補ってくれる物として
「もち米」が上げられます。

お互いの相乗効果を考え
「栗おこわ」

・もち米3合
・栗10-15個(お好みで)
・水420cc~450cc
・塩3つまみ
・黒胡麻少々
(甘みを付けたい人は味醂少量)

1.もち米・栗を4~5時間浸水(別々に)

2.(剥く前に栗を熱燙に30分位浸水すると皮がむきやすい)

又は、栗の頭に切れ目を入れ、
ひたひたの水を入れた圧力鍋で2分加熱
その後冷水で急降圧

3.皮を剥いた栗ともち米、塩、
(入れたい人は味醂大さじ1)を入れ

圧力鍋で中圧にかけ蒸気が出たら2分

その後火から下ろし自然降圧し
10分ほど蒸らして出来上がり。

4.黒ゴマをかける

kurigohan1[1]

 

☆老化防止などには、
ビタミンBが多い豚肉と合わせるのもおススメです。

「似類補類」の考えから、
骨付きの部位を使うと効果が高まると言われます。

「栗と豚の中華煮」
・豚の骨付き肉
・栗10~15個(皮を剥いておく)
・醤油 大さじ2
・酒 大さじ1
・八角(スターアニス)
(香りが苦手な場合はオイスターソース大さじ1
・昆布だし 300cc
畑の物や山の物を煮る時は、
海の物(昆布)と合わせると
陰陽のバランスが良くなります。

1.フライパンに油を引かず
中火で両面をキツネ色にこんがりと
肉を焼き付ける

(油を引いてないので、
入れてすぐは触らない。
豚から油が出てくるのを待つ)

2.圧力鍋に豚肉・昆布出汁・醤油・酒・八角を入れ
沸騰したらアクを取り蓋をして高圧で10分

3.冷水で急降圧し栗を入れ普通の蓋をし中火で
煮汁がひたひたになるまで煮込む。

栗は甘くついつい食べ過ぎますが、
消化は余り良くないので1日10個が上限と
覚えておいて下さいね。
(消化力の弱い子供等は5個くらいです)

 

 


問い合わせ
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください