食欲がでない残暑にオススメの「名古屋風にアレンジした冷汁」|8月の食医膳講座まかない食

猛暑の日が多いと食欲が落ちてしまったり、暑さだけでも体が疲れてしまいますよね。効きすぎた冷房で体調を崩してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

食欲が落ちてしまうと、食事の内容もタイミングも乱れてしまいがちです。暑さに加えて仕事が忙しくて食事のタイミングが乱れてしまうこともあるでしょう。

食が乱れると体調も乱れる

私も夜のセミナーなどを受講する時は、仕事帰りでパンをつまんだり、帰宅後遅い時間に食べて胃もたれしたり…ということがありました。

その後、自分が講座を開く立場となり「食に関して学ぶ場」に通っているのに適当な食事をして欲しくない!という思いから、食医膳クラスでは講座前に「簡単なまかない食」を召し上がって頂くようにしました。

季節に合わせた献立にするだけでなく、遊び心を入れながら作っております。薬膳料理というと難しく考えがちですが、私たちが作っている「まかない食」は、身近な食材で季節養生を元に再現しやすい献立になっていることもあって、まかない食を楽しみにして下さる生徒さんも増えてきました。

名古屋風にアレンジした冷汁

名古屋風にアレンジした冷汁

そんな食医膳クラスのまかない食、8月は、私の母の故郷である愛知県の八丁味噌を使った『名古屋風にアレンジした冷汁』です。

名古屋風にアレンジした冷汁の作り方

  1. かつお節と昆布で前日に出汁を取り冷めたら冷蔵庫で冷やす
  2. 翌日、冷えた出汁に味噌適量を入れバイタミックスで攪拌(出汁に使った昆布やかつお節は入れたまま)
  3. そこへ小口切りの糠漬けのキュウリ・ナス・人参と重石を掛けて水出しした豆腐を崩して混ぜ合わせる
  4. 動物性のものはかつお節の出汁だけなのでコクを出すために練り胡麻を入れて味を調える
    (すぐに食べない時は、このまま冷蔵庫へ)
  5. 鍋にすり胡麻を散らし各自ご飯にかけて召し上がれ♡

小葱・茗荷・青紫蘇

※小葱・茗荷・青紫蘇など薬味を添えると食が進みます。黒七味など山椒ベースの唐辛子も合いますよ。

味噌にも季節がある

味噌は小腸の汚れを取り除いてくれるので意識して摂りたい食材ですが、味噌にも季節があります。

八丁味噌など豆味噌系の少し辛口なものは夏向き、白味噌など麹の多い甘口なものは冬向き。こんなチョットした事を覚えていて使い分けると身体への満足度も変わってきますよ。

この冷汁は、前日に出汁だけ取って冷やしておけば火を使わずに出来上がるので作る人にとっても暑い思いをしない夏向きの料理。

そして、糠漬けの野菜の乳酸菌、火入れしていないので味噌の酵素、酵母が生きている!と良い事づくめです。

以前に「名古屋風にアレンジした冷汁の作り方」をまかない食として出したときに、食欲がなく疲れていた生徒さんが何杯もお代わりされて「久しぶりに固形物を食べました!」とおっしゃっていました。

まだまだ残暑で身体がだるくなりがちですので、サッパリとした冷汁を作ってみてはいかがですか?

【食医膳講座】基礎課程・2016秋クラス日程のお知らせ

問い合わせ
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す