マクロビアン=ベジタリアンと勘違いしてませんか?

マクロビオティックは玄米菜食ではない

日頃 「マクロビオティックを教えさせて頂いてます。」
とお話しすると、
「お肉とかお魚を食べないのは嫌いだからですか?
それか食べられないからですか?」と
聞かれる事が多いです。

これは、かなりのパーセンテージで聞かれる質問ですが
声を大にして言いたいです!

「マクロビアンはベジタリアンではない!」 と。

食事や生活において
「ハレの日とケの日」が有る様に
日常は「玄米(穀物)・野菜・味噌汁」を中心としますが
決して動物性蛋白質を否定していません。

又、人の歯は通常32本あり
その内訳は、
犬歯(肉や魚を引裂く尖った歯)が4本
臼歯(穀物をすり潰す平たい歯)が20本
門歯(野菜などを噛切る四角い歯)が8本

なので、
穀物:野菜(海藻・芋):肉(魚など固いもの)
5:2:1が
本来の食事バランスと言われます。

そして、
マクロビオティックでは

・季節の旬のものを食べる

・国内産のものを中心にする

粉のものより粒のものを摂る

・体質により根菜類や葉物野菜などを摂る

など、身体を「陰性・陽性」に偏らない様にする事が
大切と教えています。

季節と会話し食材を選ぶ

マクロビオティックを実践し始めると
身体をリセットしようと玄米菜食に走る方が居ますが
季節との会話も大切です。

20061021204204    (↑これだけではダメですね ^^;)
 

春から夏は空気自体が熱く陽性になってくるので
身体を少し陰性にし内側から涼しくする方が良いのですが
秋から冬は気温が下がり身体からエネルギーを奪いがちです。

なので身体を陽性に傾ける事も大切です
元から冷え症や貧血気味な方は
即効性のある動物性を摂り入れると言う事も
念頭に置きましょう。

問い合わせ
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す