薬膳とマクロビオティックの相違2

 【お互いの類似】

薬膳とマクロビオティックの食材への考え方は、
お互いに「陰陽五行論」を取り入れているので
とても良く似ています。

・マクロビオティックの「身土不二」…身(人)と土(環境)は二つ(別々)ではない。
自分が生活している環境に近いものを摂り入れましょう。

・薬膳の「天人合一」…天(自然)と人は元は一つです。
人も自然の一部なので自然の変化に合わせて生活しましょう。

この「身土不二」と「天人合一」は
殆ど同じ考えです。

【漢方と中医学】


「漢方」
を中国の医学と勘違いしてる方も多いと思いますが
中国の医学は「東洋医学」又は「中医学」と言われます。
「漢方」は日本が鎖国をする前に流入した「東洋医学」を
長い時間を掛け日本人向けに改良したものです。

ですから、
マクロビオティックも「東洋医学」の思想である
「陰陽五行論」を基にしていますが
「漢方」の様に日本古来の食養生を基にし、
その後世界各地に広がった学問です。

その辺りが、
各々の差異を生んだ要因かもしれません。

【食材の取り扱い】

 

「薬膳」は、
食材を「五味・五性」に分けて捉えます。
五味…酸・苦・甘・辛・鹹
五性…寒性・涼性・平性・温性・熱性

「マクロビオティック」は、
陰陽論をベースにしているので
陰性…身体を緩め冷やす食材
陽性…身体を引き締め温める食材

以上を見てお分かりな様に、
「薬膳」の方が食材を詳細に分類し
帰経(対応する臓器に当てはめる)を
見ていると思われます。

例として、
ジャガイモは
マクロでは「極陰性」となり身体や冷やす代表選手。
薬膳では「平性」として冷やしも温めもしない。

a0002_005486_m

大根は根菜なので
マクロでは「陽性」で身体を温めると覚えますが
薬膳では「涼性」で身体を冷やす物に区分されます。

a0002_008079_m

このように、
食材の考えも微妙に違ってくるので
上手に摂り入れて行く事が大事です。

何よりも、
頭をガチガチにせず臨機応変に対応し
身体と対話する事に心掛けて行きましょう。

問い合わせ
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す